親から譲り受けた借地権の土地にある建物を子供が相続した場合、一般的な遺産を相続するのと同様に、その土地の借地権も相続できます。地主との関係では、許可も不要で、新たに借地契約を結ぶ必要はありません。

相続した事実を通知することでいいのですが、後日の為に、相続による「合意書」か「確認書」などを交わしておくのもいいと思われます。

複数人による共有相続

子供たちが兄弟(姉妹)複数人で、共有持分の割合で借地権付建物を相続した場合、その持分割合で建物への相続登記もできます。
もう、住む人がいなくなった借地権上の建物は、売却、換金して相続人間で分け合うことができますが、現実には、建物には亡くなった両親と同居していた兄弟(姉妹)の誰かがそのまま住み続け、とりあえず相続登記だけを済ませるケースが多く見られます。
でも、いつまでも共有状態を続けることは、後々のことを考えるとおすすめできません。

共有相続によるトラブル

相続当初には相続人間で協議して、折り合いがついていた固定資産税の支払いや建物の補修費、さらには、契約の更新時期に地主から更新料の請求があった場合、その負担をめぐり、相続人間でトラブルになることがよくあります。
また、複数人で共有分割して相続した場合には、ずっと「絵に描いた餅」状態である、「自分の相続した共有持分」を換金したいと思われる方も出てきます。

増える相続人

建物が古くなってきた場合、リフォーム程度で済むならいいですが、建物を解体して建て替える場合には、共有名義者全員の同意が必要です。

相続人に「二次相続」があった場合、その後の相続人を探し出すのも大変です。時間の経過や、それぞれ相続人の家庭における世代交代などがあると相続人も増え、親族間の関係性も変わってきます。

このようにさまざまな問題を抱える共有相続。

後々のことを考えるなら、単独相続、又は現在の共有相続を解消して単独所有にすることをおすすめします。

いろいろな共有持分相続のケースがあると思いますが、どうぞ、お気軽にご相談ください。