借地権・底地・再建築不可物件・共有持ち分の取り扱い・恒華堂.comへ!

底地

底地とは

「底地」とは、貸し宅地とも言います。土地の上に第三者の建物の所有を目的とする地上権、賃借権(借地権)が設定されている為、所有者がその土地を処分するのに大きな制約を受けることがあります。
それに対して、土地の上に建物、工作物などが無く、第三者の権利も存在しない状態の土地を「更地」と言います。

底地と借地(権)の権利割合

土地に借地権者がいる場合、土地所有権者と借地権者は、それぞれ「割合」に応じて、権利を持ち合います。
その「権利割合」は土地の地域や所在場所によって違ってきます。
国税庁が発表する路線価図に、借地権の「権利割合」が公開されています。駅に近い商業地などは借地権割合は高く、反して底地評価は低くなります。

底地の評価

更地と違い土地の実勢価格での評価はされません。前述の国税庁のホームページの路線価図をみても底地は更地に比べると、最大でも6割ぐらいの評価しかされません。

底地の問題点

親から貸(底)地を相続する時、当時の契約当事者ではない為に貸地契約を十分に貸主、借主が理解してなくてトラブルが起きたり、又、長期に亘る契約である為に、周辺状況や環境の変化で思わぬ問題が生じることもあります。
それと、相続する時、税の現金納付ができないと、土地を物納するという方法もとられることもありましたが、しかし平成18年より要件が厳しくなって、物納が大変難しくなりました。

底地の悩み相談
  • 土地を貸したのが自分の親、はたまた祖父母の代で今は借地人との交流が殆ど無い。
  • 地代が長い年月改定されないままで周辺相場よりも安くなってしまっている。
  • 昔、口約束で土地を貸したみたいで、借地面積、境界がはっきりしない。
  • 契約書が見つからない。
  • 地代を毎日きちんと払ってもらえない。
  • 承諾もしていないのに建物が建て替わっている。
  • 貸地が遠隔地、多数の借地人に貸しているので管理ができない。
  • 底地が建築基準法上の道路に届いていない。

など、底地に関することは何でもご相談ください。

底地の買い取りも致します。又、貸地契約の締結、更新にもぜひ恒華堂にお声かけください。

お問い合わせはお気軽に! TEL 03-5926-9441 9:00 - 19:00[定休日 正月・お盆]
keibai.k@koukaland.co.jp

PAGETOP
Copyright © 株式会社恒華堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.