借地権・底地・再建築不可物件・共有持ち分の取り扱い・恒華堂.comへ!

任意売却

  • HOME »
  • 任意売却

任意売却とは

任意売却とは購入したマイホームのローンが支払えなくなったり、企業が金融機関に差し入れていた担保の不動産が差し押さえられて競売になった時、債権者(差押権者)とあなたとの間に入って、双方合意のもとに競売によらない売却をすることを言います。
競売よりも不動産が市場価格に近い有利な条件で高く売れることが多くあります。

任意売却のメリット
  1. あなたにとっては売却金を多く債務の弁済に充てることが出来ます。こうすることで売却金支払後の残債務返済の計画が立てやすくなります。債権者(差押権者)にとっても競売よりも多めの債権回収が期待できます。
  2. 税金滞納などの差押え、司法書士や仲介した不動産業者に支払う手数料なども売却代金から支払われ、あなたの負担するお金はありません。
  3. 多少の引越し代も確保できることもあります。

実際に任意売却を行なうには、複数の債権者に対して売却後の債務の返済方法等について交渉して納得してもらわなければ、担保不動産の売却の同意はとれません。
債権者(登記者)の中に高利の貸付をする業者がある時はその交渉はさらに難航します。その為に、任意売却をするには金融や法律などの知識や債権者との交渉能力に優れた力を持つ者があたらないとなかなか困難です。
こういった処理をお客様自身が行うには無理があるため、任意売却の取引をスムーズに成功させるには、利害関係者との交渉力のある業者を選ぶことが大切です。

任意売却をするときの条件

『債務者や不動産の所有者が他に不動産を所有していない事』

『有力な保証人や担保を差し入れていないこと』

これは担保不動産が担保評価割れとなっていても、他の不動産や資産により債務が完済できる能力があったり、他に力のある連帯債務者・保証人がいる時などはなかなか債権者も任意売却を承諾しません。 粘り強い交渉が必要です。

任意売却の流れ

1 受付

まず返済滞納などの状況についてのお悩みを御相談下さい。
経験豊富な当社が状況に応じて最適な解決方法をご提案して、話をとりまとめ最後まで責任を持って対応致します。
任意売却をすることには、あなたに代わり債権者との交渉にあたる為、業務委託契約・専任媒介契約を行います。
同時に物件の価格査定行い、債権者に販売可能価格を提示して売却の同意を得ます。

2 債権者との交渉・販売活動

任意売却をする為に、売却代金の配分を全ての債権者に会い予め金額の交渉をします。
そして、販売活動を開始し、物件の購入者を探します。
当社が買い取るケースもあります。

3 任意売却の承諾・売買契約

物件の購入者が決まると、全ての債権者に付いている担保権の解除や差押の取下げを交渉して、任意売却の承諾をとります。物 件に不法占拠者が居る場合も交渉して明け渡してもらいます。 そしてお客様と購入者の売買契約を行います。

4 物件の引渡し・売却代金の配分

物件の引渡し、売却代金の決済と、各債権者に配分表に基づいた分配を行います。
売却代金の中から、当社への仲介手数料として、((売却価格×3%)+6万円)×1.05(消費税)をお支払い頂き、引越し費用 などが確保される時はそれがお客様に支払われます。

任意売却の残債について

任意売却では住宅を売却しても残債は残ります。残った債務は任意売却をした後も支払っていく必要があります。せっかく任意売却をしてもその後に返済を続けることが出来るのか、ご心配な点かと思いますが、任意売却では売却の過程で、お客様の現在の収入から生活費、養育費などの必要な支出を考慮した上で、月々支払える無理のない金額を設定できるように努力しています。
売却後の返済計画を新たに立て直すことになります。債権者も再度の滞納にならないように考慮しているので、通常は柔軟に対応してもらえます。だいたいの任意売却後の返済は、月々1社1万円前後の返済で済むように話をまとめていきます。

お問い合わせはお気軽に! TEL 03-5926-9441 9:00 - 19:00[定休日 正月・お盆]
keibai.k@koukaland.co.jp

PAGETOP
Copyright © 株式会社恒華堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.